【アスベスト解体業(積算)】体調を崩して転職したら、転職先でまた体調を崩す!!理不尽な社長と上司の話。

【アスベスト解体業(積算)】体調を崩して転職したら、転職先でまた体調を崩す!!理不尽な社長と上司の話。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
30歳

【当時の職業】
積算

【当時の住まい】
賃貸マンションに一人暮らし

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
前職で体調を崩して住んでるところに職場が近いところで
残業も少ないところを探していて、
面接時にこちらの条件も話した上で内定をいただきました。

【環境と仕事内容】
アスベスト解体業者
(私は積算業務で採用をされました。
)
従業員20人程度(ほとんど現場に行っているため会社には5人程度が常駐)
勤務時間 9:00018:00
休日 土日祝日
求人では年収600万円と記載されていましたが
実際に提示されたのは270万円。
求人に載っていませんでしたが社長のお使い(タバコを買いに行く)をさせられました。

【大変だった時期】
働き始めてから辞めるまで。




【大変だったこと】
社長が出社すると怒号が響き渡っていました。
ちょっとした打ち合わせでもイライラしている様子で
話が全部終わらないうちに結論を求めていて聞いているだけでも頭が痛くなるような職場でした。
すでに長年勤めている同じ職種の先輩が使えないから
新しく私を雇ったと話しておりました。
あいつは仕事が出来ないから社長が教えると言っていたものの
『そんなこと俺に聞くな!!あいつに聞け!!』と言ったり、
先輩に聞いて作業したものを『あいつに聞くからいけないんだ』
とどっちつかずのことを言われて大変でした。
社長に言われて確認をしながら作業したものに間違いがあり
社長に怒られました。
上司に社長に言われてやったことを相談をしたら、
社長に告げ口をされ、社長からはお前の質問の仕方が悪いとまた怒られました。

【大変だった期間】
入社して1ヶ月で退職しました。




【当時の心境】
通勤は30分ほどだったのでとても楽だったのですが、
通い始めて1週間ほどで社長の言動に違和感を覚えました。
研修期間が3ヶ月だったので、
『今すぐにでも辞めたいけど少なくても3ヶ月はいなきゃいけないよな』
『3ヶ月耐えられたら半年耐えられるかな』と思っていました。

【職場が大変だった原因】
社長と上司が高圧的。
従業員への信頼・配慮が欠けていると感じました。
自分以外も入社して半年も持たない人が5人ほど続いていたようです。




【仕事で良かったこと】
仕事内容はそれまでの経験を活かしていけると思いました。
中には経験していない業務もありましたが、教えていただいて物件数をこなしていくうちに
理解ができそうかと思いました。
また、前職では直接現場に行ったり現場の人とやり取りをすることがなかったので
直接現場に行ったり現場の人とやり取りできることは嬉しかったです。




【特にひどかった最悪の出来事】
求人では年収600万円と提示されていましたが
求人サイトに採用したら年収の何%かを払わなくてはいけないから年収270万円で契約していいか
採用が決まった後に言われました。
研修期間が終わって正式に採用する際にまた改めて協議した上で見直すからと言われて
はい言うしかなかったです。
(このときにちゃんと断っておけばよかったとのちに後悔をしました。
)
求人サイトの担当の方にも年収270万円で本当にいいのか確認されて
大丈夫です。
と嘘をつくことになってしまったことに罪悪感を感じました。
私の少し前に入社した人も同様のことを言われて
結局、研修期間が終わった後に面談があったものの
年収についてはほぼ言い値で、本来の業務範囲外のこともされていると言っていました。




【相談した人・助けてくれた人】
自分が入社する半年前に入社した同僚は年齢も近く、とても話しやすかったです。
2人で外出した際に私が入社前にいた人と上司のいざこざを教えていただきました。
社長と上司が外出している時は、愚痴を話したり聞いたりしていて、
同僚がいるからもう少し頑張ってみようかなと言う気持ちになりました。

【改善のための行動】
自分自身のスキルが不足して怒られるのは仕方ないとは思っていましたが、
社長が上司にどういうところで怒るのか聞いていると、怒る内容が理不尽で
従業員を使い捨ての駒にしか見ていないようでした。
社長と従業員の信頼関係を築けない人たちなので改善するために頑張っても無駄だと思い諦めました。




【現在の状況と心境の変化】
3年が経過していますが、その職場ひ1ヶ月で辞めて
次は建築に関係ない事務職で仕事をしました。
次の職場では、仕事が丁寧で早くやってくれると関わった人に感謝していただくことが多かったです。
転職したばかりですぐに辞めるのは気が引けましたが、その職場にずっといたら体調を悪くしていたと思いますし、
次の職場ではいい人たちと巡り会えたので辞めてよかったと思いました。

【学んだこと】
最終的に辞めたきっかけもパニック発作が起きてしまって今後もこの職場で勤めるのは難しいと感じました。
無理をしないこと、仕事は信頼関係が大切ということを学びました。



【当時の自分へのアドバイス】
まだ、残業など多少の無理はできると思っているかもしれないけど、健康が1番。
建築に興味があって勉強していたけれど、諦めることは悪いことじゃない。
仕事じゃなくても、趣味として楽しむこともできる。
一時的に仕事を辞めてまた復職することも悪いことじゃないよ。
働けなくなる前に一旦休むでまた元気になったら、それなりの生活ができる程度に頑張ればいいよ。